www.familiarmusiclabel.com

性器ヘルペスの基本を知っておきましょう

凄く単純に言えば、性器ヘルペスというのは水ぶくれが性器やお尻などにできる病気のことです。
治療をなにもしないままだと数週間ほどで治るものですが、後述しますが「再発」がある病気です。
私が調べた時に見たサイトヘルペスにお任せ。

 

原因はなにかというと「ウイルス」です。
「単純ヘルペスウイルス2型」というものが主な原因です。
ちなみに「単純ヘルペスウイルス1型」というのは「口唇ヘルペス」など、主に顔面にできる水ぶくれの原因です。
彼女に聞いたこのサイトヘルペス 薬←がオススメです。

 

まずいっておきたいのが、この病気は感染者も多く、稀な病気というよりはありふれている病気であるということです。
性器やお尻に水ぶくれがあるという自覚症状があってもあまり悲観することはありません。
同じ悩みをもっている人は少なくないということです。

 

性器ヘルペスの感染の仕組みとしては基本的に性行為であることが多いです。
男女限らず性器に症状として水ぶくれができている時に性行為をすれば相手にも感染する可能性がありますが、性器の皮膚であったり粘膜に目に見えなくてもウイルスが出てきている場合もあり、症状が目に見えない状態のまま感染してしまうことがあるというのが性器ヘルペスの厄介な点です。

 

厄介なことになっている原因としてヘルペスウイルスには「潜伏期間」があることが挙げられます。
常に水ぶくれを作るわけではなく、体内に潜伏している時は特に悪さをしないんです。
抵抗力の低下や外傷など、何らかの刺激によって表にでてきて水ぶくれなどを作るのです。
この「再発」があるというのが面倒なところで、自覚症状がないまま性行為をしてしまって、相手に感染させてしまうということがあるのです。

 

潜伏しているウイルスを退治する医療というものは確立されていませんが、ウイルスの増殖を抑えたり、症状を抑えることは医療で可能ですし、再発抑制も可能ですから、医療機関に相談するというのも手です。
気になる詳細はここ→カポジ水痘様発疹症に詳しい情報が載ってます